TONEスマホの評判・デメリットまとめ!

TONEスマホと契約したが、オプションを色々つけると割高でガッカリ

TONEスマホというTUTAYA系の格安スマホと契約した体験談です。
最初の目を引いたのは月額1000円という料金です。
プランはこれ一つだけなのでシンプルです。
ただし、これはスマホを使う上で最低限のものが使えるだけです。

 

例えば通話機能ですが、通話は出来ますがIP電話なので電話番号が050局番になってしまうんです。

 

今現在他社のスマホやガラケーと契約をしていて、TONEスマホでも同じ番号を使いたい場合は090音声オプションというのをつける必要があるんです。
そしてこのオプション代が953円もするので、番号そのままで使えるってだけでも2000円近くの月額料金になります。
docomoの回線を使用してるので通話品質はクリアーで良好だと思います。

 

次に問題になるのが通信量です。
基本的に通信料制限はないんですが、速度がとても遅いんです。
その通信速度は500-600kbpsです。

 

聞いたことない数字でピンと来ないかもしれませんがキャリアや他の格安SIMの制限がかかってない通信速度と比べると1/10〜1/40ぐらいの速度です。
動画を見るのは到底無理ですし、画像ですらストレスを感じるほどです。

 

さすがにこれは不便だと感じる人は高速チケットといって高速通信2G分を300円で購入することが出来ます。
高速チケットを追加購入することで高速通信量を2Gや4Gに増やすことは可能ですが、その分料金が上乗せされます。

 

高速チケット1枚300円で我慢、番号そのままで使うってだけで1000円+300円+953円で2300円ぐらいかかります。
しかも無料通話は入っていないので、通話をすればさらに料金上乗せです。
30秒18円という通話料金ですが、仮に一ヶ月10分通話しただけでも360円かかりますし、トータルすれば2700円近くです。

 

目先の安さで契約してしまいましたが、1000円プランで使用すると割り切るならアリだと思うんですが、メインとしてスマホを使うのであればお勧め出来ないって感じです。