TONEスマホの評判・デメリットまとめ!

TONEスマホの評判・デメリットまとめ!

cmなどが流れていることもありtsutayaの提供しているTONEスマホに興味を持っている人も多いと思います。

 

TONEスマホは格安スマホなので、現在キャリアでスマホを運用している人は乗り換えることで月額料金を節約することが出来ますが、もちろんTONEスマホに乗り換えることによるデメリットもあります。

 

TONEスマホのデメリットって?

 

youtubeなどで動画を見るのは厳しい

 

スマホを利用している人の中でもyoutubeやニコニコ動画、ツイキャスなどインターネット上で動画を見ることが出来るサービスを利用したことがあるという人も多いと思います。
TONEスマホではこれらの動画サイトを利用するのは難しいかもしれません。

 

というのも、TONEスマホの通信速度は500Kbps~600Kbpsとそこまで早いとは言えないからです。

 

500Kbps~600Kbpsという数字はニュースやsnsを利用する分には特に問題はありませんが、動画を見るには不十分な速度です。全く見れないというわけではありませんが、途中で止まってしまったりと快適に動画を見ることは難しいので、スマホで動画を頻繁に見るという人にはTONEスマホはあまり向いていません。
補足しておくと、自宅などでWi-Fiがある場合はWi-Fiに繋いでいればTONEスマホでも動画を快適に見ることが出来ます。

 

2年縛りがある

 

格安スマホと言えば、2年縛りがないことがメリットの1つですが、TONEスマホには2年縛りが設けられており、2年以内に解約した場合は9800円の違約金がかかってしまいます。
試しにTONEスマホを契約して自分に合わなかったら解約しようということが出来ないのはデメリットです。

 

TONEスマホのデメリットに関する情報は以下の記事が参考になるかもしれません。
参考記事:TSUTAYAのTONE(トーン)の評価・評判はどう?デメリットは?

 

TONEスマホは子どもにおすすめ!

 

普通に月々のスマホ料金を節約したいという人はわざわざTONEスマホを契約する必要もなく、楽天モバイル、DMMモバイルなどの格安スマホで契約したほうがメリットが多いです。
TONEスマホはそういった人ではなく、子どもやおじいちゃん、おばあちゃんなどにスマホを持たせたい場合に非常にオススメです。

 

TONEスマホは他の格安スマホサービスではあまり提供されていないサポートサービス、子供に持たせても安心のフィルタリング機能、子供がどこにいるのか表示してくれる機能などが豊富に用意されています。